Management pharmacist investment philosophy

 





「座して死を待つよりは、出て活路を見出さん」諸葛孔明

07:00

 

こんにちは

やまさきです。

 

突然ですが、貴方、毎日ちゃんと考えて生きていますか?
何も考えなくても毎日が過ぎていくと思っていませんか?
ぼーっとしていても、今日と同じ明日が訪れるって思っていませんか?
明日も今日と同じ時間が流れるって、勘違いしてませんか?

 

今日という日は一生の中で、今日しか存在しないんです。
それをみんな忘れてしまってるんじゃないですか。
昨日と、今日と、、そして明日は全く別の日だって忘れてるんじゃないですか?
明日も、今日と同じなんて保証は全くないんですよ!

 

災害なんか、ことが起きる直前まで、貴方も、私も…誰一人として気付かないんです。
起きてからじゃないと気が付かないんです。
でも、貴方は馬鹿じゃないから、想定はできるんですよ。予見はできるんです。
想定ができるのであれば、対処もできるはずなんです。

 

想定、予見だけして後は放置なのであれば、想定した、予見した意味が全くありません。
今日起きるかもしれない、、明日かも、一か月後、一年後…
未来に起きるかもしれない、その事態に対処する術を探さないといけません。

 

太宰治「風の便り」の一節に…
「無学であるという事が、だんだん致命傷のように思われて来ました。」
と記されています。

この一節を読んで、あなたは何を感じますか?

 

無学であるということは、致命傷になりえるんですよ。
逆に言ったら、知識とは鉾にもなるし盾にもなるんです。
いや、現代社会においては知識情報しか、鉾に盾になりえるものは存在しないんです。
学びを止めるということは、貴方から武器を奪い去ることになるんです。
丸腰で戦えるんですか?
学びを止めるのは、生きるということを止めることになるんです。
座して死を待つでいいんですか?

 

「座して死を待つよりは、出て活路を見出さん」
諸葛孔明
が弟子に説いた言葉です。

「何もやらずにじっとしているなら、やるだけやってその中から人生の選択肢を見出したほうがいい」
彼はそう言っています。

 

何もやらないで、じっとしていて…
生きてるっていう実感は湧きますか?
希望が持てますか?
じっとして考えないことで、生きてる実感、希望が持てるなら…それでいいと思います。
本当にそう思えるならね。

 

何事も行動に移さないと、やらないと、絶対物事は動かないんです。
行動しないと全く意味をなさないんです。
やるだけのことをやって、その繰り返しの中で、人生の選択肢を見出すべきなんです。
やらないことが、致命傷になりかねませんから。

+5
山崎篤史
  • 山崎篤史と申します。
    2021年も始まりましたね。
    相変わらずコロナが猛威を振るっています。
    くれぐれもご自愛ください。

未分類