Management pharmacist investment philosophy

 





労働と投資

07:00

 

こんにちは

やまさきです。

今日は、ちょっと真面目に投資について考えてみようと思います。
自分は現在おこなってる投資を始めることで、ココロの平穏っていうか、ゆとりと思考の変化が起きています。
金銭的な悩みから、解放された感じでしょうか?

 

実際には、まだ始めたばかりなので、実績的にはまだまだなんだけど、、、
とにかく、収入源が複数あるってことが、こんなにココロに、思考に変化が訪れるとは思ってもみませんでした。

 

あなたは、投資についてどのようなイメージを持たれていますか?
こんなことをいうのも変な気もしますが、投資ってされたことのないひとにとっては、めちゃくちゃ胡散臭いように聞こえるのかもしれませんね。
それって、なぜ胡散臭いって思うんでしょうか?

 

胡散臭いかどうかでいえば、以前の自分だったら、おそらく胡散臭いって思ったでしょうね。
楽してお金を稼ぐってことに罪悪感、嫌悪感を抱いていたんですからね。
労働って尊いものだって思っていたから。
今でも、労働は尊いものだとは思ってます。

 

なぜ、投資に対して嫌悪感を抱いていたからっていうと、、、
自分の中で、労働って時間との取引だと思っていまして…
その時間って、生まれた瞬間から減り続けるものなので、ある意味お金以上に大切なものって認識があるんです。

 

その命と同等なものと引き換えにお金を頂いてるんです。
命を削って、対価を頂いてるんです。
労働ってものは、命を削って一生懸命稼ぐ行為なのに対して、投資って楽して稼ぎやがって・・・
こんな感覚を持っていたんです。

 

他でも、似たようなことを仰ってた方がいましたので…自分以外でもそう思われてる方はいたんだと思います。
ですが、投資を始めた現在は、その考えって間違いだったって気が付きました。
投資も楽じゃないですよ。まじで。
自分もFXを試してみてたので、投資って厳しいってよくわかりました(泣)

 

投資って決して楽ではないんですが・・・
(やり方次第でめちゃくちゃ楽にはなるんですけど…)
まぁ百歩譲って、楽して投資で稼いでいるとしましょう。
それの、何がいけないんでしょうか?
元々、否定していた自分か言うのもなんですけど…

 

投資っていうのも、考え方を変えれば労働なんですよね。
投資自体、万人に認められた商取引なんです。
投資と労働の違いって何だと思いますか?

 

自分が思うところの、投資と労働の違いっていうのは…
一般の人が言うところの労働って・・・
労働は、命と等しい時間と引き換えに対価を頂く行為。
投資とは、お金と引き換えに対価を頂く行為。

 

結局、お金って可逆的なものなんです。
増えたり、減ったりするものです。
他方、時間はどうかっていうと…
時間はどう考えても、不可逆的なものです。
生まれた瞬間から、ずっと減り続けるもの。。。

 

そう考えた場合、時間を使うのと、お金を使うのではどちらがリスキーかってことです。
どっちが本当の意味でリスクだと思いますか?
自分は不可逆的なものを失う方がはるかにリスクだと思います。
可逆的なものって、一時期失ったとしても取り返せる可能性があるんです。
それに比べて、不可逆的な持って、時間はどうあがいても取り返せませんから。

 

ぼくは、数年前メンタルに支障をきたしました。
当時、大袈裟でなく、気が狂う思いをしました。
正直、あの場所に2度と戻りたくはありません。

 

当時、心身ともに疲弊していましたけど、仕事には行っていました。
なぜつらい思いをしてまで仕事に行ったのか・・・
それは、生きるためです。
当時は、それが正解だったんです。
自分にとって、それしか正解はなかったんです。

 

今にして思えば、自分がとった行動はギャンブルだったと思います。
生きるためとはいえ、自分の健康を害する行為を行っていたんだから。。。
生きたいのに、生きることを阻害している・・・

 

何事も、ひとつのことに固執して、そこに寄りかかっていたんじゃ危険なんです。
唯一のよりどころが、万が一壊れてしまったら・・・
全てが終わりになってしまうんです。
自分は、絶対にそんなことにはなりたくありません。
だから、チャレンジし続けないといけないんです。
足掻かないといけないんです。
種を蒔き続けないといけないんです。
秋の豊作を夢見て、種をまき続け、燦々と降り注ぐ太陽の下、水を、肥料を蒔き続けるべきなんです。

+5
山崎篤史
  • 山崎篤史と申します。
    2021年も始まりましたね。
    相変わらずコロナが猛威を振るっています。
    くれぐれもご自愛ください。

未分類