Management pharmacist investment philosophy

 





俯瞰=幽体離脱

07:00

コンニチハ

やまさきです。

 

やっぱり最近テンションがあんまり上がりません。
みなさんもそうかと思うんですが、季節によって上がったり下がったりすることってあると思うんです。
上がったり、下がったりって…まるで為替の様ですね。
為替って上がれば下がる、下がれば上がるの繰り返しなんで・・・

 

自分には、子供がひとりいます。
いるんだけど、離婚してしまってまして、その子供に会うことが出来ません。
たぶんそのことが、トリガーになってるんだと思います。
盆暮れ、クリスマス、そしてこどもの誕生日付近にどうしてもテンションが落ちてしまってます。

 

本音を言ったら離婚に対して、そしてその後の対応などに納得できてないんでしょうね。
頭の中では理解できてるんです。
何を最優先に考えるべきかった思った時に、子供の幸せが最優先なんで・・・
自分が我を通すことのメリット、デメリットを考えたら…自分の決断が論理的に考えた場合、より正解に近いって…

 

そう思って、たぶん理性で抑え込んでるんでしょうね。
だから、普段イベントごとがない時は抑え込むことが出来てるんでしょうけど。。。
クリスマスなんかになったら、何かプレゼントを贈ろうって思うじゃないですか。
だけど、子供が今何を欲しがってるかなんて、なにを渡したら喜んでもらえるかなんかわかんないんです。
まったくね。

 

結構これって、厳しいんですよね。
ネットなんかで、なにがいいかなぁなんて探してる時に楽しい気持ちと、さみしい気持ちが戦うんです。
でね、最終的にはさみしい気持ちが勝っちゃうんです。
今回のプロ野球日本シリーズみたいに、木っ端みじんになっちゃうんです。

 

イベントがない普段のときは、割と善戦してるんです。
なんだけどね、やっぱり顕在意識は潜在意識には勝てないんでしょうね。
勝てない戦いをするのって結構つらいものがありますね。
巨人の選手もこんな感じだったのかな…なんて思ったりして。。。

 

なんて横道に逸れましたが、そう言った訳でテンションが落ちてるんですね。
感情ってものは、基本的に無意識の中で湧いてくるものなので、コントロールするのって結構難しいんですが。。。
まぁ、最初の方に書きましたけど、こういうテンションって為替と一緒で下がったら上がるものなんで…
上がるのを待ちさえすればいいだけの話なんですよ。

 

下がったら上がるものってことを、しっかり理解できさえすれば何の問題もないんですよね。
あとは、どうやったら理解できるようになるかってことにフォーカスしたらいいんです。
それでね、どうしたら理解できるようになるかって…その問題の答え知ってるんです。
出来るかどうかは別としてなんだけど…

 

その答えは、「俯瞰」なんです。
ちゃんと俯瞰する事が出来たら、感情の渦に巻き込まれることがないんです。
感情をコントロールする事が出来るんです。
だから、今回の僕のようなテンションが上がらないとか、メンタルが下がってることに対して、きちんと俯瞰する事ができたら、感情に押しつぶされることもなくなってくるんだと思います。

 

でね、感情を俯瞰できるようになればいいんだけど。。。
具体的に、どのようにしたらいいかって言うと、、、
自分の考えとか、感情とか、都合を一旦手放すことです。
メンタルとかテンションが下がるってことは、負の感情に支配されてるってことです。

 

負の感情に支配されてるのであれば、それを手放せばいいだけの話なんです。
大体、ひとって好きとか嫌いとか、面白そう、つまんなさそうとか…そのように感情でものを見がちなんです。
つまり先入観で物事をとらえようとするんです。
良い感情で物事を捉えたらいいんでしょうけど、逆もありますよね。

 

嫌な気持ちや苦しい気持ちのような、負の感情に支配されそうになったら、その気持ちを自分と切り離さないといけないんです。
そこで、切り離す方法は。。。「幽体離脱」する事です。

 

幽体離脱って言ったら、なんかオカルトのような気もしますが・・・
曽爾各幽体離脱が最善の方法だと思います。
自分は、幸か不幸か幽体離脱したことはないんですが、、、巷では幽体離脱した時ってちょっと高いところから自分の身体とか、周りを見てるっていうじゃないですか。

 

幽体離脱って自分が高いところから、自分が死んじゃってるって冷静に見てるって話がありますよね。
その状態を作ったらいいんです。
仮に負の感情を持っていたとしても、自分からその負の意識だけを離して自分を見たらいいんです。
上の方から自分を見て、「苦しそうな人物がいるぞ」という他人事のように淡々と冷静に自分を見つめることです。

 

幽体離脱した気持ちになれたら、物事を感情の渦に巻き込まれずに冷静に客観的な判断ができるようになります。
冷静な判断力が失われていたら、当然物事がうまくいくはずがありません。
だから自分のことを第三者の目線で見る必要があるんです。

 

この話は、応用が利く話のはずなんです。
仕事のことでも、対人関係のことでも結局は一緒です。
感情で揺らいでいる時に、感情で考えてしまったら余計感情が大きくなってしまいます。
だから、いったん自分から感情を剥がしてやったらいいんです。

 

感情を一旦横に追いやる事ができたら、論理的に物事を考えることができるようになり、そして最善策を見つけ出すことが可能になるはずです。
冷静になる事ができたら、考える力も、対応する能力も増幅します。
だから一旦感情を束なすことが必要になるし、そのたまには幽体離脱が一番手っ取り早いんです。

 

ということで、自分の場合はメンタルが低下するのは季節性?って認識できてるし、いずれまた回復してくるって思ってるから、、、そこまでお先真っ暗じゃありません。
ただ、エンジンがかかりにくくなってるのは事実なんだけど、無理にエンジンを回そうとしても焦げ付いて壊れるから、、、とりあえずエンジンちょっと冷やすことにしようと思ってます。

 

とりとめもない話で申し訳ないんですが、これから年末にかけていろいろトラブルとか問題がおきたりすることがあるかもしれません。
万が一そのようなことがあったら、一度幽体離脱して物事を捉えてみてください。
幽体離脱して自分を見ることができたら、生きやすくなるはずです。

 

ただ、本当に幽体離脱しちゃったら戻ってこれなくなるかもしれませんので、その点には十分ご注意をww

山崎篤史
  • 山崎篤史と申します。
    2021年も始まりましたね。
    相変わらずコロナが猛威を振るっています。
    くれぐれもご自愛ください。

未分類