Management pharmacist investment philosophy

 





わが生涯に一片の悔いなし

07:00

自分には大学時代に知り合った友人がいます。

もうかれこれ、知り合ってから30年以上になります。

30年ってスゲー長く感じますが、振り返ったら結構短いような気もしますね。

出会ったのって、ほんのちょっと前の感覚です。

 

 

その彼って、ずーっとニート状態です。

彼の話によると、最初就職して頑張っていたそうなんですが・・・

尿路結石になったそうです。

それが、のたうち回るほどの痛みだったらしく、冗談抜きで死ぬかと思ったみたい。

 

 

その時に悟ったらしいです。

人の人生なんてわかんない。。。

汗水たらして働いていても、病気なんかしてしまったら一生が終わってしまう。。。

だったら、イヤイヤ働くんじゃなくて自分のしたい事しようって。

 

 

一昔前だったら、自分はあんまり理解できなかったのかもしれないんですが、、、

今はすごくよく分かるようになりました。

結局、人生って一回なんですよ。だから、悔いなく生きた方がいいんです。

『我が生涯に一片の悔いなし』です。

 

 

我々は幼少の頃より、働くことは美学って教育を受けてきました。

それはそれで、素晴らしいことだと思っていますが・・・

裏を返せば、働かない事の美学も存在するんです。

表があれば裏があるのって、当然の話です。

 

 

あとは、我々がその裏の存在を認めるか、認めないかだけです。

まぁ、確かにニートだと他人から白い目で見られるのかもしれませんが、、、

自分の人生なんで。。

他人にとやかく言われる筋合いではないって、そのことを理解できたらそれまでなんです。

 

 

裏の存在を認めることが出来たら、あとは、その裏の正体を探しにいけばいいんです。

この世の中には、その裏の正体を知ってるひとって少なからず存在します。

僕の友人も、もう20年位は働いてないんじゃないかって思うので、彼なりに働かなくても生きていける方法を見つけてるんだと思います。

 

 

彼が、どんな方法を駆使して生きているのかは知る由もありませんが、法に触れてるのでなければ、立派な戦術だと思うので素晴らしいと思います。

彼は自分のこころに、真っすぐ向き合って生きている。

他人の目を一切気にしていない。。

 

 

そんな素晴らしい人生を歩めるひとって、なかなかいないと思いますし、自分なんかよりはるかに正直な人だと思います。

なんかうらやましいです。

自分もそんな人になりたいなぁと思います。

 

 

でもまぁ、僕なりにですが、裏の存在に気付いて現在実践してるので・・・

いずれ彼と同じところに行けるとは思ってますけどね。

そのとき、どんな景色が見れるのか?

彼とは違った、景色が見れると思うので楽しみではあります。

 

 

追伸:

おかげさまで、自分は今まで結石になったことはないんですけど、、、

仕事がら、尿路結石で七転八倒して、のたうち回ってる姿を目撃する事は多々ありました。

モルヒネ使ったりしますから、相当痛いんでしょうね。

そのような痛みは一生分からないで済みたいものですね。。

山崎篤史
  • 山崎篤史と申します。
    2021年も始まりましたね。
    相変わらずコロナが猛威を振るっています。
    くれぐれもご自愛ください。

未分類