Management pharmacist investment philosophy

 





無我

07:00

こんにちは。

 

やまさきです。

 

先日の日曜日の話です。

 

日曜日はゆっくり起きるつもりなんですが・・・
7:30に起きてしまいました。
前日は・・・ホントは当日になっちゃうんですが3:30ごろまで起きてたんです。
だから、睡眠時間は4時間程度でしょうか。

 

そんなに早く起きるつもりなんかなかったんですけど、目覚めてしまって…
歳を感じましたね。眠るスタミナもないのか?
なんて思ったりしましたが、平日は余裕で起きれません。
平日は仕事に行きたくないパワーが凄すぎて、起きようとする力をねじ伏せるんでしょうねww

 

そういえば、二度寝って心身ともにいいことだって知ってましたか?
二度寝したときってものすごく幸せな気分になりませんか?
実は二度寝してるときって体内で「コルチゾール」っていう抗ストレスホルモンが大量に、ドバドバでてるんですよ!

 

このコルチゾールってやつが結構いいホルモンなんです。
コルチゾールの主な働きって、脂肪組織での脂肪の分解など代謝の促進、糖の新生、筋肉でのたんぱく質代謝、抗炎症、免疫抑制・・・炎症を抑える効果があるのでステロイド炎症薬として治療にも使われています。

 

つまり、コルチゾールはストレスによる脳の機能低下や血糖値の低下などを防いでくれ、免疫力をあげてくれます。
ただし、過剰に分泌されれば自律神経のバランスを崩すだけじゃなくて、血圧や血糖値を上げ過ぎちゃって、結果的に免疫力を低下させたりするんですけど…瞬間的な分泌量の増加なら問題ないです。

 

コルチゾールは朝目が覚める1~2時間前から急速に分泌が盛んになります。
コルチゾールの分泌過多は、ストレスから身を守る現象です。
この分泌によって、ココロのウォーミングアップができ、今日一日のストレスに備えることになるんですね。

 

朝5分程度の二度寝がこの、コルチゾールを最大限に分泌させるそうです。
そうすることで、今日一日凹みにくくなるみたい。
なので、あなたも「5分程度の二度寝」試してみてください。
ストレス耐性が上がるかもですよ。

 

というわけで、今回は二度寝することなく起床しまして…
洗濯しようか?それとも掃除しようか?って…3秒ほど考えたんですか。。。
洗濯を選択しました。
洗濯の方が楽ちんなんで…洗濯機に放り込んで、干したら終わりだからね。

 

その洗濯機が37分かな。。グルグル回る時間って・・・
ただ、待ってるのもなんなんで、今度こそ掃除をしようと5秒くらい考えましたが…
すき屋に行ってしまいました。
車で5分程度で行けますから、、、掃除より簡単ですもん。

 

ファミレスに行くって選択肢もあるんだけど、ファミレスって、、、
店入って、飯食って、パッって帰るってイメージがないんですよ。
注文しても、なんか待たされるイメージ(偏見?)があるし、ただご飯を食べることに特化して入るような感じがしません。
すき屋なんかは、さっさと食ってさっさと帰るみたいな感じ。

 

それと、ファミレスで和食ってイメージがどうしてもわかないんだよねぇ。
ファミレスって、洋食食って、コーヒー飲んでだらだら、ダベるか、、、
ひとりで行って、本読むとか、なんか書類広げてみるとか、そこで勉強するとか…
そんなイメージなんです。

 

というわけで、すき屋一択になっちゃうんです。
近所に吉牛とかないですしね。
あったら、吉牛一択なんだけど・・・
朝はやっぱり和食ってことで、すき屋で和朝食食べてたら・・・

 

社長から「おはよー!いっしょに散歩行かない?」ってLINEが入りました。
ちょっと、考えたんですよ。
洗濯もの干したら、掃除しないとなぁ。。。どうしようかなぁって・・・10秒ぐらい。
掃除をする方がやっぱり面倒に感じちゃいまして…散歩に行ってきました。

 

社長とは、同じころに発症した「糖尿病仲間」なんですが、ちょいちょい散歩に誘われます。
この前一緒に散歩したときは、めでたく?筋肉痛になりました。
やっぱりああいうのは、毎日続けた方がいいんでしょうね。
どれくらい歩いたかなぁって思ってiPhone見てちょっと(*_*;

日曜日は確かに1万歩程度歩いてるんです。
にもかかわらず、一日の平均って1,155歩・・・
いけませんねぇ。。。
そんなに歩いてないって気付いてませんでした。

 

・・・ずっと、本題と関係ないこと書いてますけど、社長と一緒に散歩していて…
その通りだなぁって思うことがあったんで、それを記そうと思います。
まずは、先日自分が書いたBlogをちょっと読まれたら、そのことねって思っていただけると思うんです。

 

yamasaki2020.com

 

二人で、日曜日に散歩に行くので、、、周りには誰もいないからいろんな話をするんです。社長とはね。
それこそ、仕事のことからプライベートなことまで…そんなの聞いてもいいのって話なんかも。
さすがに社長から聞いた詳しい話は書けないけど、とにかく考えさせられる話を聞いたので、その話を書きます。

 

うち介護施設を12月いっぱいで手放すことになってるんですが…
社長自身、なかなかの葛藤があったみたいです。
そりゃそうだと思います。
元々社長が介護施設を立ち上げるときに、周りが相当止めたそうです。
どう考えても利益が見込めないって話だったらしいです。

 

それでも社長は、自分が曲がりなりにも会社を経営出来ているのは、地域の皆さんに支えてもらったおかげだから、恩返ししないといけないと思って始めたそうです。
結果的には、周りの方が進言した通りずっと赤字だったようですが・・・

 

社長が周りの反対を押し切って、あえて介護施設を立ち上げた行為は経営者としてどうなの?
って思う方いらっしゃると思うんです。
実際うちの会社でも、そのようなことを言ってる社員もいます。
見通しが甘いってね。

 

まぁまぁ、その職員の方の言うことも判るんですよ。
分かるんだけど・・・社長の気持ちもすごくわかるんです。
どっちの話も自分にとっては正しく聞こえちゃうんです。

 

仮に自分が、社長の立場だったら、施設を立ち上げようとしただろうか・・・
社長はずっと、地域に恩返しをしたいって思って事業をしてきた。
そして、その事業を起こすチャンスが巡ってきた。
ただし、採算が合いそうにもない。。。

 

自分だったら、どうしたんだろう?
社長にとって、事業を行ってる意味って…地域を支えてきたお年寄りに恩返しすることだったんです。
たぶん今の僕ぐらいの年齢のときに決断してるんです。
自分だったら、決断できたのかどうか・・・

 

結果、赤字をずっと抱えてたわけなんです。
それでも、利用料金を上げたりすることはしなかったんです。
自分がこの会社に入ってからも、その介護施設の赤字を埋めることでいろいろ奔走してました。

なんかねぇ。そんな話を聞いてたから、手放す決断した時は忸怩たるものだったと思いますよ。
よく決断したって思ってました。

 

で、二人で散歩してる時に訊いたんです。
よく決断しましたねって。
それに対する答えが・・・

 

すごく迷ったよ。
自分の親がいきなり他界して、跡を継ぐことになった時に、地域の方に助けられた。
だから、いつか恩返ししないといけないと思って、頑張ってきた。
そして、やっとの思いで施設を立ち上げた。

それを、結果的に手放さないといけない状況になったんだから・・・
今手放さないと、本体まで沈んでしまう。
そうなったら本末転倒なんでね。
続けたい気持ちと、経営面で立ちいかない現状の板挟みだった。

でもね、ずっと考えていて、もともと何のために施設を造ろうって思ったかもう一度思い出したら、答えが出たんだ。
地域のお年寄りのためだったんだよね。

自分が意固地になって続けて、施設が潰れたら利用者さんが一番困るって考えたときに、経営者が誰でも良くないかってことに気付けたんだ。
だから、きちんと後を引き受けてくれるところを見つける気になったんだよね。

 

その話を聞いて、、、
たしかにそうなんですよ。
元々のゴールがお年寄りのためだったんだから。。。
そこに執着する事が出来たら、他のことなんかどうでもいいんですよね。

 

事業を手放すことで、カッコ悪いとかホントは関係ないんですよ。
たとえ自分の手でことを成し遂げられなくても、その施設をきちんと引き継いでくれるところにお願いすることで、介護施設で働いてる社員も、残った本体の社員も、そして利用者さんにとっても良かったって話になるんです。

全員が幸せになれるんですね。

 

 

「我を捨てる」というのは大変難しいことなんだけど、これが出来たらなんでも、何とかなるんでしょうね。
無我って素晴らしいんでしょうね。
無我愛だって、無我無心だって、そして無我夢中だって全部素晴らしいからね。

 

 

物事をシンプルに考えたら、そこにきちっとフォーカスする事が出来たら…物事って上手くいくんだろうなぁ。
物事のゴールをしっかり捉えて、我を捨ててわき目も降らずに突き進むって…
相当なスキルなんだろうなぁと思いました。

 

*このダム一周散歩して9,541歩でした。

山崎篤史
  • 山崎篤史と申します。
    2021年も始まりましたね。
    相変わらずコロナが猛威を振るっています。
    くれぐれもご自愛ください。

未分類